ご予約・お問い合わせはこちら
診療時間 日・祝
9:00~13:00 /
15:00~19:00 /

土曜午後は15:00~18:00  休診日:日曜、祝日


2014年10月23日(木)

image

 

10月23日
診療後 岡山大学でおこなわれた症例発表に参加してきました。

他の先生がおこなった治療を拝聴出来るこの機会を

私はいつも楽しみにしています。

今回も様々な症例があり、
考えさせられることが多い時間となりました。

今回は術後性上顎嚢胞、喫煙、上顎洞挙上術の症例。

一つ目の術後性上顎嚢胞についてですが
20~30年ほど前、日本では蓄膿症に対して
上顎洞根治術という治療法が数多くおこなわれていました。

過去に蓄膿などの症状で上顎洞根治術を受けられた方は
20~30%の確率で術後性上顎嚢胞を発症する可能性があります。

上顎へのインプラント治療をおこなう場合、
問診による既往の確認、視診による瘢痕の確認はもちろんのこと
レントゲンだけではなくCTによる上顎洞の精査を必ずおこない、

口の中だけでなく術後性上顎嚢胞などの「耳鼻科領域」の疾患の有無の確認をおこなうことが重要だと改めて認識しました。

二つ目の喫煙についてですが

喫煙がインプラントに及ぼす影響は大きく、喫煙者は非喫煙者に比べて歯周病やインプラント周囲炎になる確率が2~6倍高いとの報告もあり、術後感染リスクや長期予後も含め
インプラントや歯周治療などの外科的治療をおこなう場合は禁煙が望ましいといった内容でした。

私見ですが
私自身 診療をおこなう中で
喫煙者と非喫煙者では創傷治癒に差があると感じています。
ですので私もインプラントや外科的治療を伴う場合 禁煙をすすめています。

ニコチンによる血管収縮や一酸化炭素による血流減少を考慮すると
治療においてリスク因子になる喫煙はやはり避けたいものです。

私は生まれてこのかた
タバコを吸ったことはもちろん
くわえたことすらないので
禁煙のツラさというものを味わったことがないのですが
禁煙外来での禁煙成功率が29.8%だというデータを聞いて
禁煙というのはなかなか難しいのだなぁと感じました。

また、三つ目のサイナスリフト or ソケットリフトの判断基準に関しては様々な意見があるところだろうと思いますが
多くの先生が言われているように4ミリというラインが一つの目安になると私自身も思っています。

いずれにしても
出来る限り低侵襲かつ安全な治療を行うことが外科的な治療の根本だなぁと思う今日この頃です。

医療法人 筒井歯科クリニック

院長 筒井淳斗

2014年10月14日(火)

image

10月11日(土)

新スタッフ歓迎会を開催しました。

フレッシュなスタッフ2人(衛生士1人 助手1人)が新たな仲間として加わり

もともとにぎやかな筒井歯科の呑み会はますますにぎやかに!!!

笑いあり涙ありの
一次会の中で

スタッフからありがたい言葉の数々をいただき
ただただ私は感謝するしかありませんでした。

いつもありがとう。

私は筒井歯科クリニックのスタッフが大好きだ。

院長 筒井 淳斗

2014年10月14日(火)

BPS 入れ歯のセミナーを大阪で受講してきました。

入れ歯の吸着のための型とり、高さ測定、歯の並べかた、研磨面形態を学んできました。

大変勉強になりました。

習得した内容を日々の診療にいかしていきます。

歯科医師 河内啓明

2014年10月9日(木)

image image

茶渋やコーヒー、タバコのヤニなどの着色汚れが強く付いている場合、

ハミガキだけでは完全に汚れをとりきることができません。(特に舌側)

そこで威力を発揮するのがジェット噴流を使った『エアフロー』です。

筒井歯科クリニックでは従来のエアフローに加え先週から最新式エアフロー『プロフィーメイトneo』を新たに導入しました。

このプロフィーメイトneoは
特殊なパウダーをウォータースプレーで吹き付け
歯の表面にこびりついたしつこいバイオフィルム(歯垢、プラーク)やタバコのヤニ、コーヒー、茶渋などの汚れを吹き飛ばしていきます。

使用後は歯がツルツルピカピカになり、白く輝く歯になります。

ハミガキではなかなか取れない歯の汚れに悩んでいる方!

ぜひ1度ご相談下さい!

院長 筒井 淳斗

2014年10月5日(日)

10月5日(日)

岡山歯科医師会会館で行われた講演を聴講してきました。

「インプラントオーバーデンチャーの設計」

「インプラントオーバーデンチャーの沈下防止の優位性」

「インプラントオーバーデンチャーの回転軸の認識」

「ロケーターからボールの適応」

「デンチャーの補強の設計」

「インプラントの埋入位置」

ベーシックなところからアドバンスなところまで

再確認、再発見の多い時間でした。

明日からまた診療を張り切って頑張ります!

歯科医師 河内 啓明

2014年10月4日(土)

10月4日

診療後、岡山大学 窪木教授の講演を聴講してきました。

講演内容は、

歯を失い、顎の骨が痩せてしまい、外れやすくなってしまった方の入れ歯を

インプラントオーバーデンチャーにすることで入れ歯をはずれにくくするという治療についてでした。

とても勉強になりました。

歯科医師 河内 啓明

2014年10月2日(木)

image

10月2日

診療後、岡山大学にて
石川知弘先生による
「インプラント治療におけるGBRの役割」
を聴講してきました。

さすが日本を代表する先生だけあって
素晴らしい症例の数々。

チタンメッシュを用いた垂直的な骨造成の美しさには
本当に圧倒させられました。

「GBR」
本当に奥深い。
そしておもしろい。

院長 筒井淳斗

2014年9月28日(日)

9月28日(日)
顎咬合学会 咬合フォーラム in 大阪 グランキューブ

理事長と私と河内先生で参加してきました。

今回の演術項目は

「環軸関節を中心に考える頭頸部機能解剖学」

「真に安定した顆頭位を原則とする咬合治療」

「これからの歯科医療に期待すること~口呼吸の危険性~」

「歯だけ」を診るのではなく
歯周組織、舌、筋、顎関節などから構成される「顎口腔系全体」を診る重要性について
聴講させていただきました。

歯や歯周組織、舌、筋、顎関節などは複雑に絡み合い、

どこかひとつでも機能が低下すると
やがてそれは全体的な機能低下につながる危険性があり、

その予防としての義歯や噛み合わせの話は大変勉強になりました。

また姿勢や習癖が
歯列やかみ合わせに及ぼす影響に関しては重々理解してはいますが

ついつい自分自身も気を抜くと猫背になったり頬杖をついたりしてしまっているので
改めて気を引き締め直しました。

姿勢の緩みは気の緩み!

院長 筒井淳斗

2014年9月15日(月)

1410658633150

この連休、東京国際フォーラムで行われた日本口腔インプラント学会にN先生と一緒に参加してきました。

上顎洞粘膜挙上を伴う上顎臼歯部埋入症例や
インプラント周囲炎へのアプローチなどの講義や症例発表を聴講してきました。

また学会会場には企業ブースがあり
最新の設備や製品が展示されていました。

そのなかに以前から気になっている企業の製品が…。

6月に行われた顎咬合学会でもその企業の展示ブースがあり
1時間以上、社員さんから製品説明を聞き

岡山に帰ってからも診療後に社員さんに来ていただき
院内でデモをしていただいたりしていたのですが

私はずっと決めかねていました。
(決断は早いほうなのですが、この製品に関してはかなり悩みました。
)

しかし、尊敬するN先生のススメもあり、今回の学会でついに購入を決意しました。

明日からの診療が楽しみです。

院長 筒井淳斗

2014年9月13日(土)

20140913_230757

9月23日

日本口腔インプラント学会出席のため
診療終了後、新幹線へ飛び乗り
東京へ。

岡山から東京までの移動時間3時間半。

昔から私は
どんなに疲れていても、
新幹線や飛行機などの乗り物で
1度も寝た経験がありません。

布団以外ではあまり寝られないという性格は小さい頃から現在に至るまで変わっていません。
三つ子の魂百までとはよくいったものです。

そんな性格なので
長距離の移動時間中に
何をして過ごすかというのは私にとって非常に重要な問題なのです。

ボーッと車窓を見ながら物思いにふけるとゆう移動時間の過ごし方もいいのでしょうがボーッとするのが苦手な私の性には合わないので、
新幹線での移動時間はもっぱら仕事や勉強をするようにしています。

院長とゆう立場上、歯の治療だけが仕事ではなく、本当に次から次へとやらなければならないことは増えていきます。

日頃たまっている仕事や、まとめたい事項を集中して片付けるには
新幹線という環境は
実はかなり優れた環境だと私は思っています。

ちょっと疲れたから気分転換にコンビニににでも行こうと思っても、
新幹線や飛行機はある意味閉ざされた空間なので逃げ道がありません。

コンタクトをはずし、
べんぞうさんのような分厚いメガネをかけ、
マスクをし、
耳栓をしたら、
準備は万端。

東京までの三時間半。
ぐっと集中してやるべきことを全て片付けます。

しかしこの環境を作るには1つ大きな欠点があります。

やるべき仕事や資料を全て新幹線に持ち込む必要があるという点です。

そのため私は学会やセミナーに行く際には
登山用のかなり大きなリュックサックを背負っていきます。

耳栓したマスク姿のべんぞうさんが登山用の大きなリュックサックを足元に置き、レントゲン写真や口腔内写真を必死に見ている姿は不審者以外の何者でもありません。

しかし新幹線の中での私は
集中力がかなり高まっているので
不審者に思われようが
移動販売のアイスクリームが横切ろうがお構い無しなのです。

明日は口腔インプラント学会。

最新の器材、最新の技術を岡山で提供出来るよう一生懸命勉強してきます。

院長 筒井淳斗

1 25 26 27 28 29 30 31 32
 
24時間インターネット初心予約