ご予約・お問い合わせはこちら
診療時間 日・祝
9:00~13:00 /
15:00~19:00 /

土曜午後は15:00~18:00  休診日:日曜、祝日

Instagram

セラミック治療のラミネートベニアについて

皆さんこんにちは。

筒井歯科クリニックです。

 

セラミック治療といえば、オールセラミックが有名ですよね。

 

すべてのパーツがセラミックで構成されており、審美性や機能性を最高レベルまで高めることができます。

 

それと同じように、セラミックのみを使用した「ラミネートベニア」という審美治療もあります。

 

ラミネートベニアは、セラミッククラウンと比較すると、いくつかの点で優れているといえます。

 

今回はそんなラミネートベニアの特徴をわかりやすく解説します。

 

ラミネートベニアとは?

ラミネートベニアとは、歯の表面につけ爪のようなセラミックチップを貼り付ける治療法です。

 

歯の色や形、ちょっと歯並びの異常を改善することができます。

 

歯を削る量が少ない

ラミネートベニアの特徴としてまず挙げておきたいのが「歯質の切削量の少なさ」です。

 

ラミネートベニアで用いるのは、とても薄いチップなので、歯を削る量も自ずと少なくなります。

 

これは一般的なクラウンによる治療との大きな違いです。

 

歯質というのはかけがえのない組織なので、可能な限り削らない、という方針はすべての患者さまにとってメリットとなります。

 

歯と歯のすき間を隠すことができる

ラミネートベニアは、よく「すきっ歯」の治療にも用いられます。

 

歯と歯のすき間を簡便に隠すことができるので、すきっ歯にお悩みの方にはおすすめといえます。

 

ホワイトニングできない歯を白くできる

歯の変色を改善したいけれど、ホワイトニングでは効果が見込めない、というケースにはラミネートベニアが最適です。

 

歯をほんの少し削らなければなりませんが、重症度の高い歯の着色や変色も大きく改善することが可能です。

 

まとめ

このように、ラミネートベニアはセラミック治療の中でも少し特殊な部類に属するものですが、実に多様なメリットを有しています。

 

ホワイトニングやセラミッククラウンが最善とはいえないケースでは、もうひとつの選択肢としてラミネートベニアを検討してみても良いかもしれませんね。

 

24時間インターネット初心予約