ご予約・お問い合わせはこちら
診療時間 日・祝
9:00~13:00 /
15:00~19:00 /

土曜午後は15:00~18:00  休診日:日曜、祝日

Instagram

オールセラミックによるメタルフリー治療

皆さんこんにちは。

筒井歯科クリニックです。

 

昨今、歯科治療による金属アレルギーが注目されるようになりました。

 

おそらく、もっと以前からも歯科用合金によるアレルギーは存在していたのでしょうが、全身症状も伴うことから、その他に原因があるものと考えられていたのだと思います。

 

今回はそんな銀歯による金属アレルギーの症状やメタルフリー治療による解決法についてわかりやすく解説します。

 

銀歯による金属アレルギーの症状

銀歯による金属アレルギーでは、当然のことながら銀歯が接している口腔粘膜に異常が現れます。

 

具体的には、歯茎が赤く腫れるなどの症状です。それは全身の皮膚にも及び、手足のかぶれや肌荒れも引き起こします。

 

その他、ガルバニー電流による肩こりや頭痛、自律神経失調症なども認められることがあります。

 

メタルフリーにすることの大切さ

セラミックのみを用いたメタルフリー治療であれば、上述したような銀歯による金属アレルギーの症状を予防あるいは解消することができます。

 

人工歯というのは、場合によっては一生涯、お口の中に入れているものなので、今現在症状が現れていなくても、そのリスクをゼロにしておくことは極めて重要であるといえます。

 

セラミック治療に欠点はないの?

一般的な銀歯による治療とセラミック治療を比較した場合、ほとんどの点においてセラミックが優るといえます。

 

メタルフリー治療というのは、それだけ優れたものなのです。

 

ただ、費用の面においては、セラミックの方が少し高くなってしまうという欠点があります。

 

ですから、健康面ではなく経済面を重視するのであれば、銀歯の方がおすすめといえます。

 

まとめ

このように、オールセラミックによるメタルフリー治療は、審美面だけではなく、機能面や健康面においてもメリットが大きい治療法といえます。

 

とりわけ金属アレルギーを心配されている方には最善の治療法といえるでしょう。

 

今現在、銀歯を装着されている方でも、セラミックによるメタルフリー治療へ切り替えることは可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

 

24時間インターネット初心予約