ご予約・お問い合わせはこちら
診療時間 日・祝
9:00~13:00 /
15:00~19:00 /

土曜午後は15:00~18:00  休診日:日曜、祝日


『水平垂直骨造成を併用した歯科治療』

2018年7月3日

垂直的、水平的骨造成ケース。
前歯は元々骨が薄い部位。
歯を抜くと
骨吸収はどんどん進行し
最終的には
鉛筆の先のように
尖った細い骨になってしまう。
今回のケースは
そんな細い骨への
ステージドアプローチ。
術前にCTで計測すると
骨幅が2ミリ程度しか無く
このままではインプラント治療が
不可能な状態。

1E17DA0D-27DE-4F25-ACA0-198D6C909917

患者さんと相談し
骨造成をおこない
骨幅を確保することにしました。
下顎枝から自家骨を採取し、
人工骨と混ぜて骨造成。
非吸収性のチタンメンブレンにて造成部を覆い、
ピンにて固定。
垂直的に4ミリ、
水平的に8ミリ造骨しています。
【治療前】

95B31338-19DB-4C5F-93D1-4FE764BEB2DF

 

【治療後】

03673787-D947-42C5-9BC3-9EE4EF56BFFF

裂開しないように
水平マットレス法にて緊密に縫合。
チタンメンブレンの場合、
縫合部が裂開すると
感染してしまうため
細心の注意が必要です。
骨造成の成功の秘訣は
『減張切開』と『縫合』。
オペの中でも
1番時間をかけるところです。
6〜9ヶ月後にインプラント埋入予定。
筒井歯科クリニックでは
前歯部審美領域への
垂直的、水平的骨造成を伴う歯科治療にも
対応可能な体制を整えています。
審美領域の歯科治療が難しいと
診断された方、
1度筒井歯科クリニックに
相談してみて下さい。

医療法人 筒井歯科クリニック
院長 筒井 淳斗

 
24時間インターネット初心予約